長生きは、禁煙や禁酒や運動よりも「社会とのつながりの質と量」が効果あり!?|共二兼好

皆さま、こんにちは。
「共二兼好(ともに)けんこう」です。前回は「一日三善」のお話しをしましたが、今日はそれに近い話です。同じく6月6日の「ガッテン」で驚いた内容が紹介されていたのは、「1日1万歩歩くご主人」よりも「自宅のサロンで友人とお茶を飲む奥さん」の方が健康に過ごせる可能性があるということでした。

これはBrigham Young UniversityのJ. Holt-Lunstad博士らによる一連の研究によるものですが、禁煙や禁酒や運動よりも「社会とのつながりの質と量」の方が、罹患率、死亡率、長寿への影響が大きいというものです。誰もが読める論文ということで、次を紹介します。

論文の内容としては、148の調査(参加者308,849人)の結果から、死因、初期の健康状態、既往の疾病など参加者の特徴に関するデータに加え経過観察期間の長さと社会関係の評価タイプなど調査特徴におけるデータを抽出して、統計処理をしています。

その結果、変量効果量の重み付け平均のオッズ比は1.50 (95%信頼区間1.42 – 1.59) となり、社会関係が強い患者において生存率が50%高くなる可能性があることが示唆されたというものでした。

この所見は年齢、性別、初期の健康状態、死因、観察期間に関わらず一致してみられました。

最も大きな差が見られたのは次の2件で、関連性が最も強かった「社会的相互作用が複雑な場合」(OR=1.91; 95%信頼区間 1.63 – 2.23)、最も弱かった「一人暮らしの場合」(OR=1.19; 95%信頼区間0.99 – 1.44)。

死亡率の低下に与える影響(オッズ)で比較してみると、

要因 有無のオッズ比
複雑な社会とのつながりがある 0.64
社会からの支援を強く受ける 0.63
禁煙(日に15本以下) 0.53
心疾患の症状を持つ人の禁煙 0.5
飲酒(日に6杯以上) 0.3
インフルエンザ・ワクチン 0.25
心疾患のリハビリ 0.22
身体活動 0.2
BMI 0.2
高血圧に対する治療 0.13
大気汚染 0.05

逆の見方をすると、孤独な場合は早く亡くなるのか?ということにもなります。

ヘブライ大学の Shiovitz-Ezra らは、50歳以上のアメリカ人7,638人を対象に、4年間にわたり孤独と死亡率の関係を調査したところ、孤独な人は1.56倍(HR=1.56, 95% CI: 1.52-1.62)、慢性的に孤独である人では1.83倍(HR=1.83, 95% CI: 1.71-1.87)死亡率が高かった。
このように孤独な人は何らかの原因で早く亡くなるようですが、認知症にもなりやすいようです。

グローニンゲン大のJS Kuiperらによるメタ分析では、人との接触頻度が低いと認知症の発症のリスク比が1.57、孤独感はリスク比が1.58になることが判明しました。

最近はこれらの研究成果が紹介されていて、単に定年後は趣味や運動で長生きをするのではなく、近所との付き合いや趣味の友人との付き合い方を考えた方がいいという意見が多く出始めているようですね。

今日もお付き合い頂きありがとうございました。

共二兼好(ともにけんこう)です。製薬関連の仕事についておりますので、私は健康であることを重視しています。健康であることは、仕事で成果をあげるために大切。いくら高いモチベーションやビジネススキルがあったとしても、健康でなければ成果がでないからです。私のブログでは、最新の論文の発表情報も紹介しつつ、私のペンネームのようにみなさんと一緒に健康であるために出来ることを「徒然に」綴ってまいります。

共二兼好(ともにけんこう)ブログはこちらから

関連記事

  1. FDAが希少変異を有する消化管間質腫瘍にアバプリチニブを承認

  2. 肝細胞がんへのアテゾリズマブ+ベバシズマブはソラフェニブ以上の効果 2019|海外がん医療情報リファレンス

  3. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年10月15日)

  4. 武田薬品、代名詞「アリナミン」を手放す理由…巨額の有利子負債問題、売却先選び混迷

  5. リアルワールドデータでみる米国の三叉神経痛の治療実態丨DRGブログ

  6. Medinew Digital Marketing Day 2020 開催レポート / 医師中心の情報提供活動に必要となる意思決定支援エンジン

メルマガ無料配信中




  1. 尿路感染症大腸菌に狙いを定めたLocus社のバクテリオファージのPh1b…

    2021.02.26

  2. ModernaがCOVID-19ワクチンの今年の売上をPfizerの上を行く184億ド…

    2021.02.26

  3. COVID-19入院患者へのGSKの抗GM-CSF抗体のPh2失敗

    2021.02.26

  4. 臨床試験に進む特発性肺線維症薬をInsilico社が決定~合成化合物は…

    2021.02.25

  5. 環状RNAによる治療を開発するOrna社が1億ドル超を手に船出

    2021.02.25

  6. J&JのCOVID-19ワクチンを米国FDAが有効で安全と判断~早ければ…

    2021.02.25

  7. 腫瘍に限って効くIL-2や抗CTLA4抗体の開発資金9500万ドルをXilio社…

    2021.02.25

  8. 数多の治療を経た骨髄腫の7割にBMS/bluebird bioのCAR-Tが効いたPh2…

    2021.02.25

  9. Karuna社の脳のムスカリン受容体活性化剤がPh2試験で統合失調症に有効

    2021.02.25

  10. 重篤な脳感染症へのNeoImmuneTech社の長持ちなIL-7薬の治験開始を米…

    2021.02.25

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16