Rocheのfaricimab治療黄斑浮腫/黄斑変性症患者の約半数が年3回の投与で事足りた

【BioToday 2月14日】 第3相試験4つの結果によると、糖尿病性黄斑浮腫(DME)や血管新生型加齢黄斑変性症(nAMD)患者の約半数がRocheの2分子・血管内皮増殖因子(VEGF)とアンジオポイエチン2(Ang-2)特異性抗体faricimab(ファリシマブ)治療1年目に4か月に1回の投与で事足りていました。 2段落, 175文字

Insights4メルマガ配信中

世界の製薬情報を日本語で。メルマガをご活用ください。
 

関連記事

  1. COVID-19に接した覚えがない無症状の医療従事者をいちいち検査すべきでない

  2. ビタミンD補給で小児の結核は減らず

  3. SanofiがKymera社に1億5000万ドルを払ってIRAK4分解剤ともう1つを手に入れる

  4. KSQ社の脱ユビキチン化酵素USP1阻害剤KSQ-4279が卵巣癌や乳癌に有望

  5. 脳に届くsiRNAによる神経変性疾患治療を開発するAtalanta社が1億ドル超調達

  6. COVID-19ワクチンPh3は申し分ない結果なら早仕舞いしうるとFauci氏が言った

メルマガ無料配信中




  1. BridgeBio社のモリブデン補因子欠損症(MoCD)A型治療薬を米国FDAが…

    2021.02.27

  2. 一般的な冷凍庫温度でのPfizerのCOVID-19ワクチン保管をFDAが許可~…

    2021.02.27

  3. Merck & Coが米国にCOVID-19薬MK-7110を今年前半に納入する見…

    2021.02.27

  4. Sarepta社の筋ジストロフィー薬Amondys 45をFDAが取り急ぎ承認

    2021.02.27

  5. 重症喘息にAmgen/AstraZenecaのtezepelumabが有効だったPh3結果学会…

    2021.02.27

  6. J&JのCOVID-19ワクチンの取り急ぎの認可をFDA招集専門家が推奨

    2021.02.27

  7. 気持ちや社交に携わる脳領域のオピオイド受容体は日長な春に最も多…

    2021.02.26

  8. 外来COVID-19患者へのRegeneron社の抗体一対のPh3で入院や死亡の減…

    2021.02.26

  9. 超音波による血液脳関門開放をアルツハイマー病患者に安全に実行で…

    2021.02.26

  10. 大粒のHDLコレステロールは心臓発作を生じ易くする~増やすなら小粒…

    2021.02.26

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16