クリスチャンソン症候群変異神経細胞が栄養因子・BDNFやIGF-1で正常化

【BioToday 2月14日】 てんかん、脳の発達低下、認知障害と関連する神経疾患・クリスチャンソン症候群(Christianson syndrome、CS)はエンドソームの酸の調節を手伝うNa+/H+交換体NHE6の遺伝子変異で生じます。 3段落, 352文字

Insights4メルマガ配信中

世界の製薬情報を日本語で。メルマガをご活用ください。
 

関連記事

  1. 密着結合蛋白質CLDN6を標的とする細胞破壊剤付き抗体(ADC)が肝癌に有望

  2. Moderna社のワクチンがサルの新型コロナウイルス感染阻止~有害免疫もなし

  3. 米国NY市学校の職員や生徒21万人の新年度COVID-19感染率は非常に低く0.47%

  4. ヒドロキシクロロキンでCOVID-19入院患者の挿管/死亡減らず~約1400人観察試験

  5. EZH2はSrcによるリン酸化で転写因子に早変わりして脳転移増殖を促す

  6. BioMarin社の血友病A遺伝子治療のFVIII活性が3年目から4年目に一層落ちた

メルマガ無料配信中




  1. 尿路感染症大腸菌に狙いを定めたLocus社のバクテリオファージのPh1b…

    2021.02.26

  2. ModernaがCOVID-19ワクチンの今年の売上をPfizerの上を行く184億ド…

    2021.02.26

  3. COVID-19入院患者へのGSKの抗GM-CSF抗体のPh2失敗

    2021.02.26

  4. 臨床試験に進む特発性肺線維症薬をInsilico社が決定~合成化合物は…

    2021.02.25

  5. 環状RNAによる治療を開発するOrna社が1億ドル超を手に船出

    2021.02.25

  6. J&JのCOVID-19ワクチンを米国FDAが有効で安全と判断~早ければ…

    2021.02.25

  7. 腫瘍に限って効くIL-2や抗CTLA4抗体の開発資金9500万ドルをXilio社…

    2021.02.25

  8. 数多の治療を経た骨髄腫の7割にBMS/bluebird bioのCAR-Tが効いたPh2…

    2021.02.25

  9. Karuna社の脳のムスカリン受容体活性化剤がPh2試験で統合失調症に有効

    2021.02.25

  10. 重篤な脳感染症へのNeoImmuneTech社の長持ちなIL-7薬の治験開始を米…

    2021.02.25

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16