κオピオイド受容体活性化剤ナルフラフィンはモルヒネの痒みを防ぐ

【BioToday 2月4日】 出産女性や術後患者などへの硬膜外/脊髄モルヒネ投与で生じる痒みはマスト細胞ではなくダイノルフィン発現神経細胞のμオピオイド受容体Oprm1を介し、κオピオイド受容体Oprk1活性化剤ナルフラフィン(nalfurafine)をモルヒネと一緒に投与すれば鎮痛効果はそのままで痒くならずに済むことがマウスやサルの実験で示されました。 2段落, 277文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

関連記事

  1. どの喘息も治療しうる汎JAK阻害剤を開発するKinaset社が4000万ドルを手に船出

  2. BerGenBio社のAXLキナーゼ阻害剤が英国でのCOVID-19薬選抜試験で検討される

  3. 置き去りの病気の治療の開発に投資するAdjuvant Capitalに3億ドルが集まった

  4. Millendo社のグレリン阻害剤がPh2試験でプラダーウィリー症候群に効かず

  5. 密輸が絶えない哺乳動物センザンコウが新型コロナウイルスの出処かもしれない

  6. 米国で虚血性心疾患死の減少と並行して心不全や高血圧性心疾患による死が増加

メルマガ無料配信中




  1. イギリス、他4カ国が新型コロナウイルスの変異種に対するワクチンの…

    2021.03.05

  2. 進行腎癌のOpdivo+Cabometyx初治療がSutentに勝ったPh3試験論文報告

    2021.03.05

  3. terlipressinで肝硬変患者の腎機能は改善したが酷い害が多かったPh3…

    2021.03.05

  4. AmgenがFive Prime社を19億ドルで買う~Ph3に進む胃がん治療薬を取得

    2021.03.05

  5. Galapagos社のJAK阻害剤の米国FDA懸念を解くための試験が途中解析を…

    2021.03.05

  6. 2型糖尿病Ph3でLillyのGIP/GLP1受容体活性化剤がNovoのGLP1薬Ozempi…

    2021.03.05

  7. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  8. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  9. 新型コロナウイルススパイク蛋白質受容体結合領域は血液型A抗原によ…

    2021.03.04

  10. Iktos社の人工知能技術がPfizerの低分子薬設計を手伝う

    2021.03.04

  1. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  3. 開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決…

    2021.03.02

  4. 予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍…

    2021.03.02

  5. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24