製薬業界の最新ニュースと解説

悪さする細菌をCRISPRで始末するにきび治療選択権利をGSKがEligo社から取得

431781ea56cd9f0f311ff46fb49db546 1 1 1.png

【BioToday 2021/1/12】 皮膚の炎症促進細菌のゲノムをCRISPR-Cas核酸分解酵素で切ってそれら細菌を始末するEligo Bioscience社のニキビ治療EB005を気が向いたら共同開発する選択権利をGlaxoSmithKline(GSK)が手に入れました。 2段落, 215文字