世界の製薬業界の最新ニュースと解説

モルフォシス社、再発/難治性多発性骨髄腫を対象とした抗CD38抗体MOR202の第1/2a相臨床試験の結果を2018EHA年次総会で発表

血友病

この記事は【Insights4オンコロジー】会員むけの限定記事です。全文閲覧には会員登録が必要です。

はじめに

モルフォシス社が、2018EHA年次総会で最新データを発表した。MOR202の第1/2a相試験で、再発/難治性多発性骨髄腫を対象とした試験で56人を対象とした用量漸増試験である。3つのコホートでは、MOR202と免疫調整剤レナリドマイド(LEN)もしくはポマリドミド(POM)との併用がぞれぞれのコホートとして設計された。なお、すべてのコホートにおいて低用量のデキサメタゾン(DEX)を投与している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

いま必要な世界のオンコロジー情報を

Insights4オンコロジーが今なら2週間無料トライアル

■ オンコロジー特化の情報サービス
■ リリースタイトルを日本語で
■ 今必要なオンコロジーニュースを
■ 限定記事へもアクセス