米国医療職男性の追跡で肉料理が多いことと冠動脈心疾患を生じ易いことが関連

【BioToday 12月7日】 米国の医療職男性43,272人を1986年から2016年まで30年間追跡したところ、肉料理が多いことと冠動脈心疾患(CHD)を生じやすいことが関連しました。 2段落, 116文字

Insights4メルマガ配信中

世界の製薬情報を日本語で。メルマガをご活用ください。
 

関連記事

  1. 乳癌治療薬を開発するOlema社が今度は8500万ドル調達

  2. スイスのジュネーブでCOVID-19を経た人の割合は僅か11%~流行終息には程遠い

  3. GSKのBenlystaによるループス腎炎治療を米国FDAが承認

  4. 癌の血液検査会社GRAILを80億ドル相当でIlluminaが買い戻す

  5. 大量生産へと拡張しうる撹拌培養で赤血球を幹細胞から作る方法を開発

  6. Alexion社のより手早く投与できるUltomiris高濃度剤を米国FDAが承認

メルマガ無料配信中




  1. 尿路感染症大腸菌に狙いを定めたLocus社のバクテリオファージのPh1b…

    2021.02.26

  2. ModernaがCOVID-19ワクチンの今年の売上をPfizerの上を行く184億ド…

    2021.02.26

  3. COVID-19入院患者へのGSKの抗GM-CSF抗体のPh2失敗

    2021.02.26

  4. 臨床試験に進む特発性肺線維症薬をInsilico社が決定~合成化合物は…

    2021.02.25

  5. 環状RNAによる治療を開発するOrna社が1億ドル超を手に船出

    2021.02.25

  6. J&JのCOVID-19ワクチンを米国FDAが有効で安全と判断~早ければ…

    2021.02.25

  7. 腫瘍に限って効くIL-2や抗CTLA4抗体の開発資金9500万ドルをXilio社…

    2021.02.25

  8. 数多の治療を経た骨髄腫の7割にBMS/bluebird bioのCAR-Tが効いたPh2…

    2021.02.25

  9. Karuna社の脳のムスカリン受容体活性化剤がPh2試験で統合失調症に有効

    2021.02.25

  10. 重篤な脳感染症へのNeoImmuneTech社の長持ちなIL-7薬の治験開始を米…

    2021.02.25

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16