動脈硬化巣にPlGFが豊富であることと後の心血管一大事を生じ難いことが関連

【BioToday 12月5日】 PlGF(胎盤増殖因子)が冠動脈心疾患を防ぐ役割があることを裏付けた最近の3万人超のメンデルランダム化解析結果に続き、動脈硬化巣にPlGFが豊富であることと後の心血管一大事を生じ難いことの関連が示されました。 2段落, 230文字

Insights4メルマガ配信中

世界の製薬情報を日本語で。メルマガをご活用ください。
 

関連記事

  1. 米国の囚人2700人の検査で7割超が新型コロナウイルス感染~検査済みは僅か2%

  2. Tevaの抗CGRP片頭痛薬AJOVYが自己注射器発売を受けて北米で好調

  3. BeiGeneになびいたNovartisの手持ちの抗PD-1薬spartalizumabの現役試験は続く

  4. Lillyが新たな臨床試験の殆どを延期し、進行中の殆どの試験の患者組み入れを停止

  5. 欧州とカナダの非専念処方薬一揃いを武田薬品がCheplapharm社に売却

  6. 胎盤から放出されるプロテアーゼPAPPAが少ない妊婦は妊娠糖尿病を生じやすい

メルマガ無料配信中




  1. 尿路感染症大腸菌に狙いを定めたLocus社のバクテリオファージのPh1b…

    2021.02.26

  2. ModernaがCOVID-19ワクチンの今年の売上をPfizerの上を行く184億ド…

    2021.02.26

  3. COVID-19入院患者へのGSKの抗GM-CSF抗体のPh2失敗

    2021.02.26

  4. 臨床試験に進む特発性肺線維症薬をInsilico社が決定~合成化合物は…

    2021.02.25

  5. 環状RNAによる治療を開発するOrna社が1億ドル超を手に船出

    2021.02.25

  6. J&JのCOVID-19ワクチンを米国FDAが有効で安全と判断~早ければ…

    2021.02.25

  7. 腫瘍に限って効くIL-2や抗CTLA4抗体の開発資金9500万ドルをXilio社…

    2021.02.25

  8. 数多の治療を経た骨髄腫の7割にBMS/bluebird bioのCAR-Tが効いたPh2…

    2021.02.25

  9. Karuna社の脳のムスカリン受容体活性化剤がPh2試験で統合失調症に有効

    2021.02.25

  10. 重篤な脳感染症へのNeoImmuneTech社の長持ちなIL-7薬の治験開始を米…

    2021.02.25

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16