製薬業界の最新ニュースと解説

抗PCSK9薬やスタチンが敵わない患者のLDL-Cが抗ANGPTL3抗体で50%超減少

Bb024aa84ba8c5991fe905a542a2afaa 1 1 1.png

【BioToday 2020年11月16日】 プラセボ対照第2相試験の結果、PCSK9阻害剤やスタチンを目一杯使ってもLDLコレステロール(LDL-C)値が高い高コレステロール血症の患者のLDL-CがRegeneron Pharmaceuticals社の抗ANGPTL3抗体evinacumab (エビナクマブ) で半分未満に減りました。 2段落, 215文字

コメントを残す