製薬業界の最新ニュースと解説

脳の遺伝子治療の後根神経節毒性を減らす方法を開発

431781ea56cd9f0f311ff46fb49db546 1 1 1.png

【BioToday 2020/11/15】 中枢神経系(CNS)を行き先とするアデノ随伴ウイルス(AAV)利用遺伝子治療につきものの後根神経節(DRG)毒性をDRGに限って発現するマイクロRNAを頼りに封じる方法が開発されました。 2段落, 207文字

コメントを残す