製薬業界の最新ニュースと解説

脳幹の背側運動核を出処とする迷走神経が脾臓のサイトカインTNF生成を止める

058a9e5118f9d7771a31244831287ee7 1 1.png

【BioToday 2020/11/15】 脳幹の背側運動核(DMN)の神経は肺、肝臓、胃腸、その他臓器とやり取りをします。迷走神経は炎症やサイトカイン生成を阻止する信号を発することから迷走神経を刺激する電気装置による関節リウマチ(RA)、炎症性腸疾患(IBD)、その他炎症疾患の治療が検討されています。 3段落, 334文字

コメントを残す