脳幹の背側運動核を出処とする迷走神経が脾臓のサイトカインTNF生成を止める

【BioToday 11月15日】 脳幹の背側運動核(DMN)の神経は肺、肝臓、胃腸、その他臓器とやり取りをします。迷走神経は炎症やサイトカイン生成を阻止する信号を発することから迷走神経を刺激する電気装置による関節リウマチ(RA)、炎症性腸疾患(IBD)、その他炎症疾患の治療が検討されています。 3段落, 334文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

関連記事

  1. 鹿児島県の休業要請の縮小や支援金制度 経済の専門家の評価は

  2. 【プロマネTips. 1】製薬企業のプロダクトマネージャーは、今何に困っている?/コラム

  3. 一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月10日

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.14

  2. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  3. ミトコンドリアの2つの裂け方が判明

    2021.05.13

  4. 日本のTMS社のカビ由来脳卒中薬TMS-007をBiogenが手に入れる

    2021.05.13

  5. 使用者が医療従事者の助けなしで全部自分でこなせる補聴器をBoseが…

    2021.05.13

  6. Sanofiのエストロゲン受容体分解剤amcenestrantの乳癌Ph2結果が間も…

    2021.05.13

  7. Cellectis社のCAR-T治療の一翼を担う抗CD52抗体の供給にSanofiが協…

    2021.05.13

  8. Exelixis社のCabometyxの甲状腺癌用途販売担当を可能にする提携をIp…

    2021.05.13

  9. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.13

  10. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13

  1. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.14

  2. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  3. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13

  4. コストを抑え、新薬の上市を成功させる。導出せずに米国市場に参入…

    2021.05.12

  5. オーチャード社の遺伝子治療薬OTL-101、希少な免疫不全症の子供たち…

    2021.05.12