プロトルーディンを増やすと網膜神経が軸索をより再生して死に難くなる

【BioToday 11月9日】 小胞体(ER)に備わる蛋白質プロトルーディン(Protrudin)を増やすことは網膜神経の軸索再生を促したり神経を死ににくくすることがマウスや培養実験で示されました。 2段落, 116文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

関連記事

  1. 情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

  2. HIV妊婦へのdolutegravir/emtricitabine/tenofovir alafenamide組み合わせはより良い

  3. 石川県金沢市、かほく市の新型コロナ患者2人死亡 5月3日、二ツ屋病院の入院患者4人が新たに感染

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.14

  2. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  3. ミトコンドリアの2つの裂け方が判明

    2021.05.13

  4. 日本のTMS社のカビ由来脳卒中薬TMS-007をBiogenが手に入れる

    2021.05.13

  5. 使用者が医療従事者の助けなしで全部自分でこなせる補聴器をBoseが…

    2021.05.13

  6. Sanofiのエストロゲン受容体分解剤amcenestrantの乳癌Ph2結果が間も…

    2021.05.13

  7. Cellectis社のCAR-T治療の一翼を担う抗CD52抗体の供給にSanofiが協…

    2021.05.13

  8. Exelixis社のCabometyxの甲状腺癌用途販売担当を可能にする提携をIp…

    2021.05.13

  9. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.13

  10. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13

  1. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.14

  2. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  3. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13

  4. コストを抑え、新薬の上市を成功させる。導出せずに米国市場に参入…

    2021.05.12

  5. オーチャード社の遺伝子治療薬OTL-101、希少な免疫不全症の子供たち…

    2021.05.12