製薬業界の最新ニュースと解説

Allakos社の抗Siglec8抗体lirentelimabのPh2で好酸球性胃/十二指腸炎が半分に緩和

7c1e6c97b2fcbd7174b77dded5415cd4 1 1 1.png

【BioToday 2020/10/25】 好酸球を除去してマスト細胞活性化を阻害するAllakos社のシアル酸結合免疫グロブリン様レクチン8(Siglec-8)標的抗体lirentelimab(リレンテリムマブ;AK002)のプラセボ対照第2相試験(ENIGMA)で好酸球性胃炎(EG)/十二指腸炎(EoD)患者の胃腸好酸球が86%減って症状がおよそ半減に緩和しました。 2段落, 191文字

コメントを残す