製薬業界の最新ニュースと解説

Ph+急性リンパ性白血病成人のdasatinib+blinatumomab初治療完全寛解率98%

Bb024aa84ba8c5991fe905a542a2afaa 1 1 1.png

【BioToday 2020/10/25】 チロシンキナーゼABLの阻害剤SPRYCEL (スピリセル;ダサチニブ、dasatinib) とT細胞への癌細胞連行剤Blincyto(ビーリンサイト;blinatumomab、ブリナツモマブ)によるフィラデルフィア染色体陽性(Ph+)急性リンパ性白血病(ALL)初治療の第2相試験で成人患者63人のほぼ全員62人(98%)が完全寛解を達成しました。 2段落, 231文字

コメントを残す