製薬業界の最新ニュースと解説
AnswersNews - 製薬業界で話題のニュースがよくわかる

AnswersNewsは、「製薬業界で話題のニュースがよくわかる」をコンセプトに、製薬業界に関するさまざまなニュースをわかりやすく解説するニュースメディアです。

国内医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増…売り上げトップはキイトルーダ┃AnswersNews
国内医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増…売り上げトップはキイトルーダ┃AnswersNews

IQVIAは11月7日、2019年7~9月期の国内医療用医薬品市場が前年同期比8.9%増の2兆6709億3700万円となったと発表した。四半期ベースで5%を超える成長となったのは、2016年1~3月期以来、3年半ぶり。製品別売上高では、MSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が前の四半期に続いてトップとなった。

【アルツハイマー病】P3試験中止のアデュカヌマブ、一転申請のなぜ┃AnswersNews
【アルツハイマー病】P3試験中止のアデュカヌマブ、一転申請のなぜ┃AnswersNews

米バイオジェンとエーザイが、臨床第3相試験を中止したアルツハイマー病治療薬アデュカヌマブを、来年初頭に米国で申請すると発表しました。一体何があったのでしょうか。

海外新薬承認情報(2019年10月分)┃AnswersNews
海外新薬承認情報(2019年10月分)┃AnswersNews

2019年10月に米FDA(食品医薬品局)が承認した主な新薬と適応拡大をまとめました。

米国のバイオシミラー、フォーミュラリーの優先度引き上げで使用は広がるか|DRG海外レポート
米国のバイオシミラー、フォーミュラリーの優先度引き上げで使用は広がるか|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。バイオシミラーの普及が遅れている米国ですが、大手医療保険のユナイテッドヘルスが抗がん剤でバイオシミラーの優先度を引き上げるフォーミュラリーの見直しを行いました。使用は広がるのでしょうか。

【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化…ゲノム異常の解明進展、FGFR阻害薬や免疫療法など┃AnswersNews
【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化…ゲノム異常の解明進展、FGFR阻害薬や免疫療法など┃AnswersNews

早期発見が難しく、5年生存率も20%程度と治療も難しい胆道がん。薬物療法は化学療法だけですが、ゲノム異常の解明が進み、分子標的薬の開発が活発化しています。エーザイや大鵬薬品工業がFGFR阻害薬を開発中で、「イミフィンジ」「オプジーボ」といった免疫療法薬の開発も進んでいます。

【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews
【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews

世界に先駆けて日本で承認申請を目指す新薬の審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」。2015年の制度創設以来、医薬品ではこれまでに20品目が指定を受け、このうち5品目がすでに承認を取得し、2品目が承認申請中です。対象品目の開発状況をまとめました

【ESMO2019】PARP阻害薬の試験結果が示唆する卵巣がん治療の劇的な変化|DRG海外レポート
【ESMO2019】PARP阻害薬の試験結果が示唆する卵巣がん治療の劇的な変化|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今年のESMO(欧州臨床腫瘍学会)で発表されたPARP阻害薬の臨床試験結果をもとに、卵巣がん治療の変化を展望します。

肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の未来|DRG海外レポート
肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の未来|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは、肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発動向。オプジーボが1次治療のP3試験に失敗しましたが、多くの抗PD-1/PD-L1抗体が進行肝細胞がんのファーストラインで併用療法を検討しています。

【インフルエンザ】19/20シーズン 市場の動向は…ゾフルーザ「慎重営業」も昨季並みのシェア目指す┃AnswersNews
【インフルエンザ】19/20シーズン 市場の動向は…ゾフルーザ「慎重営業」も昨季並みのシェア目指す┃AnswersNews

例年より早く流行の兆しを見せている今季のインフルエンザ。治療薬の市場では、「ゾフルーザ」が耐性変異や安全性に関する情報の提供に力を入れつつ、昨季並みのシェア獲得を目指す一方、「イナビル」はネブライザーで吸入する新剤形を投入してテコ入れを図ります。「タミフル」の後発医薬品も好調で。。。

【医薬品】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews
【医薬品】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews

世界に先駆けて日本で承認申請を目指す新薬の審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」。2015年の制度創設以来、医薬品ではこれまでに20品目が指定を受け、このうち5品目がすでに承認を取得し、2品目が承認申請中です。対象品目の開発状況をまとめました